2007年03月25日

「ナイトミュージアム」

昨日になりますが、「ナイトミュージアム」を観に行きました。

私は「ハッピー・フィート」がよかったのですけど、子供たちの意見に負けました。

070324.jpg

映画は「ジュマンジ」や「ザ・スーラ」のようなものと思っていましたが、内容は良い意味で裏切られました。

全くハラハラドキドキはなく、ドタバタコメディ路線です。
恐ろしいと思っていたT−レックスが可愛く見えちゃったりして(但し尻尾は危険ですが)、この時点でだいたいの雰囲気はわかっちゃいました。
それでも、終盤で博物館の展示物の心が一つになって悪者を退治する時には「頑張れ〜」と応援しちゃいました。
最後にEW&Fが流れたのは嬉しかったですねえ。

子供と一緒に見に行くのには、なかなか良い映画だとおもいます。
複雑なストーリーではないし、チョット感動的でもあるし(お父さんの頑張りも見せられるし)、楽しいし、最後はハッピーエンドだし、吹き替え版でも楽しいし、皆さんも子供と一緒にいかがですか?

で、私が見たいハッピー・フィーとですが、字幕版は午後9時過ぎの回しかなくなっちゃって(それに30日までだし)、完全に観に行けないことがわかりました。
DVD発売まで待つしかないかなぁ!
posted by ぼの at 10:01| Comment(6) | TrackBack(1) | 映画++
この記事へのコメント
 私も(公開二日目に)ナイトミュージアム
昨日ハッピーフィート見に行きました(^^)/
ナイトミュージアムは恐竜がいいですよねぇ〜
ロビンウイリアムズも出てるし。。。
Posted by マック笠原(familiZOOM No.82) at 2007年03月26日 06:01
>マック笠原さん

マックさんも見に行かれましたか!
なかなか楽しい映画でしたよね。
それにしてもあちらの映画って、駄目お父さんがこどものために頑張るストーリーが多いですよねえ。

ハッピー・フィートですが、見に行かれたのは吹き替え版でしょうか?
もしそうでしたら、吹き替え版でも楽しめますか?
楽しめそうなら私も見に行きたいと思うのですが、いかがでしょうか?
Posted by ぼの at 2007年03月26日 08:21
 字幕版であれば
なおさら楽しめると思いますが
あの映画の本筋は、ダンス映画ではないところにあると思いました。
 ニモのように擬人化してない描写は何のためなのか?
見るとわかると思います。
ちょっと寂しいシーンもありましてねぇ〜
 あっそうそうペンギンの編隊飛行は良かった(^^)/
Posted by マック笠原@吹き替え版を見た人 at 2007年03月26日 12:56
>マック笠原さん

ありがとうございます。
俄然見に行きたくなりました。
ペンギンの動きは凄いらしいですね!
何とか時間を見つけなければ・・・
息子は悲しい映画は駄目で(泣くのが恥ずかしいらしい)、この映画もウルウルしちゃうのかな?
Posted by ぼの at 2007年03月26日 13:13
 うるっとくるかも(^^;;)
そういえば、歌のシーンは吹き替えではなく(当然?)
歌は英語で字幕は漢字の日本語になってますので
問題ないといえば問題ないかもですが
6歳のうちの子には退屈だったみたいです。。。
スティービーワンダーの I WISHの歌詞は良かったなぁ
と私には発見でした(^^)/
Posted by マック笠原(familiZOOM No.82) at 2007年03月26日 19:48
>マック笠原さん

私、歌も吹き替えかと思っておりました。
だってディズニーのアニメは吹き替えでしたから。
歌は英語となると俄然見に行きたくなっちゃいますね。
ウルウルの件は息子にナイショで見に行きます(笑)
妻もウルウルに弱いんですよね・・・
Posted by ぼの at 2007年03月26日 23:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3593533
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

27-d) アメリカ自然史博物館
Excerpt: [あらすじ] … 5月27日(金)、アメリカ自然史博物館は4階建ての博物館で、愛知万博も顔負けの展示量でした。「創造性と好奇心こそが、自然科学の醍醐味。自然科学は、パズルを解き明かすような、楽しいもの..
Weblog: いつもこころにヨーロッパ
Tracked: 2007-03-25 13:14