2009年06月25日

ラケット欲しい・・・けど

テニスのやり過ぎで、右腕が痛いままですふらふら

「治るまでやるなよ!」と言われそうですが、ごもっともなことです。
でも、仕事のウサをテニスで晴らしているのでやめられません爆弾

昨年購入したラケット(昨年と言っても発売したのは2006年で、型落ちモデルをを安く購入しました)はこちらなのです。
090625a.jpg
ヨネックス RDS 003 MP

腕が痛くない時には気に入って使っていましたが、今の腕には重すぎて使えません。重すぎると言ってもラケットとしては一般的な重さです。
仕方ないので、息子が昔使っていたラケットを使用中です。
090625b.jpg
ヨネックス ナノスピードRQ5スーパーミッド

実は息子のラケット、自分のラケットが使えていた頃にはちょっと軽すぎで使いにくいと思っていたラケットです。

今、娘が使っているラケットも使ってみました。
コレは私がスクールに入る時に特典で頂戴したラケットです。
090625c.jpg
ブリヂストン プロビームV-WR 2.35

フェイス面積が120平方インチもある、超デカラケです。
これも頂戴した時に使ってみましたが、軽すぎ飛びすぎで私には全く合いませんでした。

息子の方は50ポンドから45ポンドへ、娘の方は50ポンドから55ポンドへガットを張り替えたところ、両方ともかなり好みの雰囲気になったのです。
特に娘の方は激変でした。
しっかり感が増して、コントロールしやすくなりました。
元々超デカラケなので、らくちんそのものです。
グリップが細いのと軽すぎですが、痛めた腕には優しいラケットになりました。
ガットのテンションを変更するだけでこんなに変わってしまうとは驚きでした。

とは言っても新しいラケット欲しい欲しい病が収まるわけもありません。いろいろなサイトやカタログで調べ、これだと思ったラケットが試打ラケットとしてスクールにあったのです。で、使ってみたら私には合わなさそうです。どのサイトの評価も悪いことは書いてなかったのに・・・初中級者のシニアにピッタリとの評価で、振動も無くあたりも柔らかいとのことでしたが、実感できませんでした。
見切りで買わなくて良かった〜
やっぱり試打は大切です!

ホント、テニスラケットって製品によって全く違うので、自分に合う製品を見つけるのはメチャクチャ大変です。それに、これだと思った製品も、自分の調子次第で駄目だと感じちゃうこともありそうです。
・・・と言うことで、息子のラケットを使いながら自分にあるラケットが見つかるまで探すことにいたしました。
posted by ぼの at 19:19| Comment(2) | テニス
この記事へのコメント
私は肩を痛めてから1年に一日ぐらいしかテニスをやってませんが、全然肩は治らないです(悲)

テンションは重要ですよ♪
1ポンド刻みで調整してベストを探していくのがホントはいいのですが、普通はあまりガットが切れないので、難しいでしょうね。
私は高校時代は2・3日で切れてたので、2本のラケットを微調整しながら使ってました。
Posted by せん at 2009年06月25日 22:40
>せんさん
肩、直りませんか?
私の腕はどうなる事やら

テンションを変更するだけで、ラケットの感触が全く違ってしまうのには驚きました。
体力や腕力がないのでそれほど速いスイングは出来ませんが、試打ラケットではテンションを替えて貰う訳にもいかず、ある程度想像力を働かさなければなりません。
ラケット選びは難しいです。
Posted by ぼの at 2009年06月25日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]