2008年03月30日

シーズン最後のスキー旅行(2日目)

昨日夕方より体調を崩した息子も、なんとか回復したようです。
妻から話を聞くと、卒業式の後、毎日夕方になると微熱が出ていたそうです。ヤッパリ卒業式のプレッシャーが大きかったためでしょうか?

朝起きて窓から外を見ると、どんよりした曇り空。
朝食を食べながら、どこのゲレンデに行こうかを思案していました。
お天気なら、間違いなく「かぐら」なのですが、予報では午後から雨が降るとの事。
かぐらまで行って途中で帰ってくるのも嫌なので、すぐに帰ることができる近場のゲレンデにしました。
「中里」は2月に行ったので、今回は「湯沢パーク」です。
このゲレンデ、子供たちが小さいときにはよく出かけたゲレンデです。
子供たちがスキーを滑られるようになったら、チョッと物足りなくなってしまい、しばらくご無沙汰していました。

まずは山頂で、お約束の訓示と記念写真です。

080328A.jpg

下の方にあるゲレンデなので、雪はシャパシャパなのは仕方ありません。
でも、シャパシャパなのに、昨日の奥只見の下のゲレンデのように滑り難さは感じません。
逆に荒れていない部分は、けっこう滑りやすくて楽しいです。

080328B.jpg

平日でお天気も良くないためか、午前中は人も少なめです。
午後からはゼッケンをつけたちびっ子が多くなってきました。
このゲレンデ、ちびっ子たちが多くて、よくスキースクールなどで使われているようです。

お昼を過ぎたらチョッと雨が激しくなってきたので、昼食を食べながら様子を見ることにしました。
昼食を食べ終わっても、雨が止む気配がありません。
帰ろうかとも思ったのですが、子供たちが「スノーチュービング」をやりたいということで、一回300円のチケットを購入してリフトを乗ろうとしたら、安全確認のためにしばらく待って欲しいとのこと。
雨の中、待つこと10分チョッと。
安全確認が取れて、子供たちと一緒にリフトに乗ってスタート地点に向かいます。

080328D.jpg

スタート地点では滑り方や止まり方の説明を受けていました。
私はスキーなので、この先は一緒に滑れません。
自分でチューブを引っ張って、スタート地点に向かいます。

080328E.jpg

私は先にスキーで降りて、ゴール地点に向かいます。

080328J.jpg

チョッと待っていると、何やら遠くからクルクル回りながら降りてきます。

080328F.jpg

なんだかメチャクチャ楽しそう!
「キャッキャ」言っています。

080328G.jpg

このチュービング、ギネス認定!スノーチュービングコースらしいです。
時間で林間コース(銀河コース)を封鎖して、チュービング専用にして滑り降ります。
子供に感想を聞いたら、視線が低くなるためかスピード感があって、メチャクチャ楽しいそうです。

私のようなスキー馬鹿は、スキーで滑っているだけで満足しちゃいますが、子供たちにとっては、このような変化のある遊びがあることも、ゲレンデ選びの大切な要素ですね。
雨もかなり降ってきたので、宿に戻ることにしました。
子供たちはもう一回滑りたいといっていましたが、仕方ありません。
実は妻も、雨が降っていなかったら滑りたかったそうです。

雨の中、デジカメで撮影していたのですが、こんな条件の中で撮影できる「防水デジカメ」が欲しくなっちゃいました。
スキーだけではなく夏ならブールでも使えるし、スキーシーズン終了と共に、ポチッと病が発症したようです(爆)

早めに宿について、温泉に入ったり、DVDを観賞したり、ゲームをしたりで、普段のスキー旅行では味わえないマッタリとした時間を過ごしました。
まあ、私にとっては物足りないといえば物足りないのですが・・・

★おまけ★
ゲレンデのキッズパークにはこんなすべり台が設置されていました。

080328H.jpg

リスさんですよね。
胸から入って滑るのですが・・・

080328I.jpg

出口はこちらになりますふらふら

---続く---
posted by ぼの at 19:00| Comment(8) | TrackBack(0) | スキー++
この記事へのコメント
雨でDVD鑑賞ですか…
我が家は吹雪でDVD鑑賞…
今シーズンのでぶミスキー部家族ツアーは
何か祟られているのかも知れません。
あ、椎さんトコは平和でしたね(笑)

リスさん…口が入り口でないだけまだ…(爆)
尻尾の姿が妙に気になります(汗爆)
Posted by たくぼう at 2008年03月30日 21:26
>たくぼうさん
今シーズン、朝から一日中良いお天気だったのは一日だけでした。
逆に雨に祟られちゃったのは三日もあります。
昨シーズンよりも雪が多いはずなのに、お天気には恵まれません。
シーズン終了なのに、ちょっとモヤットです。

リス君、最初見たときにはチョット引いてしまいました。
確かにしっぽの形は気になりますね(爆)
Posted by ぼの at 2008年03月30日 22:39
ふっふっふ…それは怖い目に合わされたので、ワタシが呪いを(爆)

折角お泊りで行って天気が悪いと萎えますよねぇ…ウチは直前に決めたのでお天気が悪くなる確率は低かったんですが。普通あんな直前に決めませんね(笑)

チュービング…面白そうですねぇ。怖そうでもありますが…。確かに、子供たちにはスキー三昧より、こういうのもあった方が楽しそうですね!!

>たくぼうさん
……相当溜まっていらっしゃるかと……(爆)
Posted by 椎 at 2008年03月30日 22:48
>椎さん
呪いを封じ込めるためにも、次回は山頂にお連れしなければ(笑)

春スキーですから、お天気は仕方がない部分も多いです。
シーズン中なら雪なんですけどね。
今回は奥只見で予想外の雪質だったので、それはそれで満足しなければいけないのでしょうね。

息子はそうでもありませんが、娘はスキーは飽きたと言っています。
やっぱり子供にとってはただ滑っているだけでは楽しくないのかもしれません。
と言うことで、来シーズンは息子と二人で出かけることもありそうです。
Posted by ぼの at 2008年03月31日 00:02
スノーチュービング楽しそう・・・
やってみたいです!!

でも、寒さは嫌なんです。。(爆)
Posted by おげる at 2008年03月31日 01:12
>おげるさん
やらない人には信じられないでしょうが、スキーは暖かいのです。
特に春スキーは、晴れたら拷問というほど暑さです。
スノーチューブをした子供は、「暑い!暑い!」と言っていました。

スキーをしなくても、雪を見ながらの温泉は最高ですよ〜
Posted by ぼの at 2008年03月31日 13:06
ここもうちにとってはよさげ〜と思っていたのですが、チュービングは身長制限で2人ともNG。もっと大きくなってから行きたいと思います。

スキー場で雨はキツイですよね〜

普通滑り降りる所を写真に撮ったりするわけですから、リスは入口と出口逆にして欲しいような?でもお尻に登るのもちょっと・・・
エーデルワイスのワンちゃんはもっとお上品でした(爆)
Posted by ふぁんとむぷれ at 2008年04月01日 11:51
>ふぁんとむぷれちゃん
スノーチュービングは、身長120cm以上ですからね〜
もうチョッとの辛抱かも?

このゲレンデは、子供が小さい家族で滑るには良いゲレンデだと思います。
我が家も子供が小さいときには、ココばかりでした。
広すぎることもなく、必ずホテル前に滑り降りることになりますので、迷子の心配もありません。

リスちゃん、最初に見たときには衝撃的でした(笑)
まあ、子供たちはなんとも感じていないようでしたが・・・
Posted by ぼの at 2008年04月01日 20:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13345010
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック